旦那の胡散臭い行動にしびれを切らし、探偵社での浮気の調査を頼みに探偵社に足を運びました。

探偵社での浮気の調査に到着をしたときは、夫の浮気のことで腹立たしい気持ちでいっぱいでした。

探偵社での浮気の調査の探偵社で説明を聞いているうちに、浮気の腹立たしさよりも、その調査の小道具への関心が高くなりました。

人間とは厳禁なものであり、面白いものを目にすると、そこに意識も関心も集中をするものです。

浮気調査に使う道具の一部を説明してくれたのですが、これが実に上手く出来ていて、昔の海外の探偵映画に出てくるような道具を、人と落ち見せてくれたのです。

浮気調査道具として、タバコ型カメラもありました。

タバコのケースの横に小さなカメラの穴が付いていて、全く気がつかれずに浮気の行動を撮影できます。

ライター型カメラは更にサイズが小さくて、そこ面に小さなカメラの穴がついていました。

探偵道具の中でもすごいと思ったのは、メガネ型カメラであり、全く不自然な動作なんか必要なく、なんと動画撮影ができるという代物です。

実に楽しく探偵道具を説明してもらい、バッチリと浮気現場を捉えてきてくれました。

旦那は反省しているので今回は許すとして、旦那は撮影されていたことに全く気がつかなかったといいます。