主人は、私と出会う前に交際していた女性と頻繁に連絡をとっていました。

主人は、今はただの友達で男女の関係は一切にないからといって、元カノと連絡をとることをやめてくれませんでした。

結婚するときに、元カノの連絡をしないと約束してくれて、実際結婚して2年ぐらいは元カノと連絡をとっていないようでした。どうやら元カノも結婚したことが交流が途絶えたきっかけのようです。

しばらくは、安心していましたが、久しぶりに主人の携帯をチェックしたら元カノと連絡をとっているうえに、元カノと会う約束までしていることがわかりました。

主人に対しての怒りよりも人妻になっても人の旦那に手を出そうとする元カノに対しての怒りが大きかったです。

元カノにはっきり主人と手を切ってもらうためにも浮気の調査をプロにお願いして、確実な証拠を得ることにしました。

元カノと会う日はすでにわかっていたので、その日だけ浮気の調査を依頼しました。

1日だけだったので、浮気の調査費用も最小限に抑えることができました。

浮気の調査結果と主人の浮気をしてそうな相手とツーショットで食事をしている写真を手に入れることができました。

そして、その写真と結果報告書をもとに、弁護士に頼んで内容証明通知を浮気の相手である元カノに送りつける予定です。