浮気の可能性は高いとわかっていたのですが、調査報告書で浮気の最中の夫の写真を見るのは衝撃でした。

だいぶ前から上手く行っていなかったので、浮気をすることがあったとしても驚きではないのですが頭ではわかっても浮気の現実をつきつけられると冷静ではいられなくなってしまったのです。

まして、浮気をしていたのがかなり前からということもわかった時には本当にショックでした。

浮気の調査を依頼する気になったのは、特に最近になって浮気の素振りすら隠すようなことがなくなりつつあったため、ここまでされたら事実を確認するより仕方がないと探偵に依頼をすることになったのです。

本人としては浮気の証拠すら掴まれなければそれでいいと開き直っていたのでしょうが、そのような態度が許せなくて浮気調査に踏み切るきっかけとなったのです。

浮気をしていると公言しているような状態でしたから、すぐに証拠はおさえられ真実が明るみに出たのですがどこかに嘘であって欲しいという気持ちもあったので、全く冷静でいられたとなると嘘になってしまいます。

それでも真実がはっきりしたことによって、下手に可能性を追い求めなくても良くなったというのは良かったように思います。