夫は自営業を営んでいたため、毎日の帰宅時間は様々でした。

ですが、一年前くらいから深夜の帰宅が当たり前になり、朝帰りまでするようになりました。

私は夫の経営状態が良かったこともあり、金銭的にもゆとりがある状態だったので夫の行動に対して何も言いませんでした。

夫は私が何も言わないのをいいことにどんどん自由になり、家庭での態度も酷くなっていきました。

ですが、離婚を切り出しても世間体を気にしてか了承してくれることはありませんでした。

あきらかに女がいることはわかっていたので、証拠を手に入れるために不倫調査をお願いすることにしました。

不倫調査では裁判に有利になるような証拠をとお願いし、不倫相手の情報も調べてもらうことにしました。

不倫調査では、私は特に何もすることはなく、探偵からの報告を受けるだけでした。

子供が小さかったので、助かりました。

不倫調査の結果、夫と不倫相手の顔がわかる写真と、二人がホテルに入っていく写真など、言い逃れのできないものを手に入れることができました。

その後、不倫調査の結果を離婚裁判で活用することができ、こちらが有利に離婚することができました。

不倫相手にも弁護士を通して慰謝料を請求することができ、精神的にもすっきりしました。