旦那の浮気ぐせにはほとほと困り果てていて、探偵社での浮気の調査の興信所へ駆け込みました。

そのときは多分また浮気していると気がついたので、探偵社での浮気の調査に夫のことと、相手の女性のことを調べてもらうことにしたんです。

探偵社での浮気の調査の事務所へ行った時には、旦那の浮気に対しての苛立ちや不信感から、既に実家へ帰っていました。流石に実家に帰れば、心配のメールが電話があると思ったのです。

ところが迎えにする気配は一向になく、帰って来いのメールも電話も全くないです。

浮気調査の事務所でそのことを話したら、むしろ奥さんがいないので、好都合で女性と遊んでいる可能性が高いと言われたのです。

この時点では離婚の覚悟はまだなかったので、本当は実家には帰ってはいけなかったのです。

でも浮気調査の相談をしているうちに、浮気性の夫とはやっていく地震が消えました。

弁護士を紹介してもらい、夫は振り泣いての女性にのめり込んでいるので、正式に離婚をしました。

主人は既に離婚を望んでいたようで、家ももらえることになり、財産分与まで破棄したのです。

お金も家もあるので、当分生活には困りません。

元夫は不倫相手と結婚したものの、既に夫には貯金もなく、不倫相手は低収入です。

お金のないもの同士が毛結婚して、その先に待っているは破綻であり、案の定不倫カップルは離婚していました。