結婚生活は順調で、子どもこそいないものの幸せな家庭を築いていると思っていました。夫はとても穏やかな性格で、家事も仕事も完璧にこなす理想的な人だったので、最近世間を騒がせている不倫などは自分には関係のない話だと思いこんでいました。しかし不倫調査を依頼する事態になるなんて人生とはわからないものです。きっかけは夫の会社からの電話でした。夫は出張に行っているはずなのに、辻褄の合わない連絡が夫の上司から入ったのです。夫が2日間病気のために会社を休んでいるために体のことを心配しての電話でした。咄嗟に「もう大丈夫のようです」とは返事をしましたが、電話を切った直後に夫に対する猛烈な不信感が湧き上がってきました。そういえばあの時のあの行動も、などと思い返しているうちに、検索したのが「不倫調査」というキーワードでした。愛知県で不倫調査を行っている事務所は多く、いろいろと調べて信頼できそうなところへ連絡をしてみました。実際に相談を行ってやはり怪しいという結論に達し、そこから不倫調査を行うという話がすぐに進みました。もちろん絶対に許せないことですので、完全に調べあげて追求して行くつもりでした。不倫調査は2週間に及びましたが、決定的な証拠を入手することができ、夫は完全に自分の非を認めることとなりました。結果としては慰謝料を支払ってもらい離婚に至るということになりました。プロに任せて良い結果となりました。