不倫なんて、私達夫婦には縁遠い存在の言葉だと思っていました。

しかし、仕事で名古屋に長期滞在してから、主人の出張が増えた気がしていて、少し不安になっていました。

しかも、以前は平日に行っていた出張なのに、週末や祝日に行く事も多くなり、私の中に不倫の文字が浮かぶようになって行きました。

しかも、主人の仕事での持ち物の中に、私が知らないうちに購入した物が増えていましたし、新しい物は主人の趣味ではないテイストの物ばかりでした。

名古屋で不倫をしていると、直観的に思い、モヤモヤとした日々を過ごしていました

このままでは良い夫婦生活が送れないと決心して、名古屋の興信所に主人の不倫を調べてもらいました。

どのような結果になっても、主人を受け入れようと調査前に決めていましたが、興信所の結果を目の前にすると、涙が溢れそうになりました。

主人は以前のクライアントと不倫をしていたのです。

決定的な証拠もあったので、主人にもそれを見てもらいました。

相手の女性についても、主人から話してくれましたし、私への謝罪も紳士的だと感じたので、決めていた通りに今回は主人を許しましたが、相手の方にも反省して欲しくて、直接お話しする機会を設けました。